そのうちじゃなくて今治す!【心の病から自分を守る対策法】

女性

自分に合った病院

男性

最近、仕事のストレスや人間関係などが原因で、心の病を発症する人が増加しています。心の病は精神面が大きく関係してくる病気であるため、風邪などのように簡単に治療できるとは限りません。また、自分が心の病を発症しているという自覚が無い人もおり、第三者の指摘で病院に通う人もいます。まず、自分の体調がいつもと違うなと感じたら、心の病かどうかを判断するためのチェック診断をすると良いです。インターネットなどでも、簡単に診断することができます。チェック診断で、心の病を発症している可能性があると診断された場合、精神科もしくは心療内科を受診する必要があります。精神科と心療内科については、同じ心の病の治療をしてくれる病院に違いはありません。しかし、精神科と言われている病院では、精神病について、より深い知識や経験を持っている精神科医がいる可能性があります。もし近くに両方の診療科がある場合は、両方に行ってみて、自分に合っていると感じる医師の元で治療を行うと良いです。

精神科や心療内科に行くと、医師が話を聞いて、症状に合った薬を処方してくれます。薬の量などを調整しながら、不快な処方を抑えるようにしていきます。最近の病院では、頭痛外来という特別外来を設けている病院があります。心の病の症状の多くに、頭痛で悩まされる人が多くいます。また、元々偏頭痛持ちの人が心の病を発症することもあります。頭痛外来を設けている病院は、頭痛に関して幅広い知識を持っており、より多くの治療法を提案してくれます。そのため、頭痛がある人は頭痛外来のある精神科や心療内科に行くというのも、完治するための工夫の一つとして挙げられます。そして、心の病で大事なことは、薬だけに頼らず、心の病のなった原因の元を取り除く必要があります。そのためには、通院の他にカウンセラーを利用したり、同じ心の病を持つ人の集まりなどに参加してみるなどの工夫が必要です。自分の考え方や意識を変えるきっかけを持つことで、精神的なストレスが軽減することがあります。心の病になったら、一人で抱え込まずに、周りに頼りながら治療することが大事です。

早めの受診が大切です

医者

心の病は、主にストレスが原因で心に何らかの問題を抱えてしまう病気です。だるい、やる気が出ないといった初期症状が出ます。しかし、治療せずに悪化していくと、起きる事が辛くなる程重症になるケースもあります。

» 詳細を読む

根拠のない不安に悩む病気

看護師

単なる不安と見分けのつきにくい心の病に、全般性不安障害があります。症状が進むと何事にも常軌を逸した不安を感じるようになります。生真面目な人がなりやすいとされる心の病であり、現代の世相がさらに患者を多くしているのです。

» 詳細を読む

ストレスが生む病と改善法

医者

心の病になったときは専門医の治療を受けるのが一番ですが、心の病の症状を改善するには、自分でも日常生活の中でいろいろ工夫できることがあります。現在、心の病は社会が抱えるさまざまな問題のためにますます増えつつあるのです。

» 詳細を読む

自分で今の状態を判断する

病院

ストレス社会と言われる昨今、心の病に侵されてしまう方は少なくありません。しかし現在では心療内科や精神科など心の病を治療できる医療機関が数多く存在しているので、うつ病や強迫神経症など厄介な病気も治療することができます。

» 詳細を読む

心の安定が大切です

笑顔

ストレスの多い現代社会では上手にストレスを解消させる事が必要です。ストレスを溜め易く、心身症やうつ病等の心の病となってしまう人が数多くいます。心療内科や精神科で専門医の治療を受ければ早く治す事ができます。

» 詳細を読む